医療法人如水会 嶋田病院

TEL.096-324-3515
  • お問い合わせ

痛風治療

HOME痛風治療 > 痛風とは

熊本県下唯一の痛風協力医療機関
当院は、熊本県下唯一の痛風協力医療機関として多くの痛風患者さんの治療にあたっております。
痛風は治療せずに放っておくと尿酸の結晶が関節内や臓器に溜まっていき、関節の変形や心臓・腎臓不全を引き起こします

痛風とは

痛風とは、肝臓でプリン体が分解されたときに副生される尿酸の結晶化が原因で、これが血中や関節内に溜まった際に白血球が攻撃し、このときに痛みが発症する病気です。主に血中尿酸値が7mg/dlの方を指し、人によっては、この値を超えても自覚症状はなく、ある日突然激痛が発症します。そして、痛風が発症する人の7割は足の親指から痛みが発症します。その他痛む箇所として、足の指先、指関節、付け根、足首、くるぶし、足の甲、膝、手の指先、指関節、付け根、手首、手の甲、肘、他に股関節や肩などが挙げられます。 痛みは、万力で締められたような痛みといわれ、痛みの箇所には熱をもち赤く腫れたりもします。
ページの先頭へ戻る