医療法人如水会嶋田病院 採用サイト

パパさんPT

現在のお仕事内容を教えてください。

主に人工透析を受けられている患者さんのリハビリで、回復期〜維持期の方が多いです。
入院と外来の割合は、およそ50/50で、退院される前は退院前家庭調査をMSWやケアマネージャーと行っています。
また、ロコモ予防のための運動やその指導などを行っています。

嶋田病院/嘉島クリニックに入職した理由は?決め手などありましたら教えて下さい。

入職時、前任者がおらず、リハビリ開設から行いました。
それ自体もいい経験になると思ったのですが、リハビリに対する固定観念がない職場なので、仕事の自由度が高いと考え決めました。
(実際自由にやっています。)また内科的な疾患にも興味がありました。

実際に働く中で、病院の特徴や良いところはどのようなところと感じますか?

先輩イメージ

・一つの問題点に対し、他職種間で話し合い連携して問題解決につなげていけることです。
・有給休暇が比較的取りやすい職場です。
また、医師・看護師・理学療法士・MSW・事務スタッフなど全職種との距離が近いのは当院で仕事をしていく上で大きなメリットと感じています。

どのようなときに嬉しかったり、やりがいを感じたりしますか?

人工透析を受けている患者さんは、時間的にも体調管理的にも制限があり、リハビリを行ってもADLの向上につながらない事も多々あります。
そんな悪条件の中、ADLが上がり、また他職種との連携によりなんとか退院にこぎつけた時に一番やりがいを感じます。

逆に、大変だ、つらいと思うところはありますか?(それはどのようなときですか?)

人口透析の分野でのリハビリテーションはまだ歴史が浅く、エビデンスがはっきりしないことも多いため、まだまだ研究が必要な分野です。
そんな中でリハビリテーションを行っていかなければならないので、リハビリの効果を出しつつ、リスク管理と体調管理も行っていくことは難しいと感じています。

理学療法士の教育や研修についてはどうですか?

高い水準の医療技術と最新の知識の習得に日々邁進するとともに、常に広く教養を深めて人格を高めるよう積極的に取り組んでいます。

休日はどのようにお過ごしですか?

ツーリングやドライブです。それ自体も楽しいんですが、行った先でそこの空気に触れ、美味しいものを食べてリフレッシュしています。

人工透析とリハビリは一般的に関連がないように感じがちですが、リハビリを必要としている患者さんはたくさんいます。
「嶋田病院」熊本県の透析専門病院で本格的なリハビリが行えるただ一つの病院です。
先輩バナー画像 先輩バナー画像 先輩バナー画像 先輩バナー画像 先輩バナー画像 先輩バナー画像 先輩バナー画像 先輩バナー画像 先輩バナー画像 先輩バナー画像 先輩バナー画像