医療法人如水会 嶋田病院

TEL.096-324-3515
  • お問い合わせ

透析治療

HOMECKD > CKD(慢性腎不全)とは

専門病院によるチーム医療
当院は熊本市慢性腎臓病(CKD)病診連携システム「CKD専門医療機関」として登録しており、多くのCKD患者さんの治療にあたっています。 患者さんのみならずご家族も一緒に協力して治療に参加できる体制があり、医師・看護師・その他専門スタッフが的確にアドバイスいたします。

CKD(慢性腎臓病)とは

CKD(慢性腎臓病)とは、腎臓機能(血液をろ過する力)が健康な人の60%未満に低下している状態、またはタンパク尿・血尿が出るといった腎臓の異常が3か月以上続く状態をいいます。
CKDの原因は様々なものがあり、糸球体腎炎のようなもともと腎臓自体の病気の他に、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病や、肥満、喫煙習慣など も危険因子となります。またその逆に、脳卒中や心筋梗塞などの心血管障害発症の危険因子でもあるCKD自体が、さらに原因疾患を増悪させたり、新たに病気 を引き起こしたりして、病気の悪循環のきっかけにもなります。
初期のCKDはほとんど自覚症状がなく、気がつかないうちに腎機能が低下してしまうことが多く、これも患者を増加させてしまう原因のひとつです。

CKDステージ

CKDステージはGFR値を基準として、G1~G5に分けられています。日本においては日本人の現状に合わせて、G3がG3aとG3bに分かれています。数字が増えることでより重症であることが表されています。
CKD進行度
GFR値
ステージ1
GRF90以上
ステージ2
GRF89~60
ステージ3a
GRF59~45
ステージ3b
GRF44~30
ステージ4
GRF29~15
ステージ5
GRF15未満
腎臓機能分類
正常

軽度低下

軽度~
中程度低下

中程度~
高度低下

高度低下

末期腎不全
ページの先頭へ戻る